■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?

"賃貸選びを決して難しく考える必要はありません。良心的な不動産屋で納得のいくまで話を聞いてみましょう。
不動産屋の中には悪徳業者も存在していますので、不動産屋選びにも注意をするようにしてください。毎月の支払いに余裕があれば話は別ですが、一度借りた部屋の家賃は下がらないのは当然のこととなります。
収入が減っても、家賃は変わりませんので、収入に見合った家賃の物件を選ぶようにしましょう。

 

どのタイプの方にも共通の注意点があり、それは希望の家賃より高い物件は絶対に見ないという事です。
賃料の高い物件というのは、それだけ設備が充実していたり部屋数も多いことで目移りをしてしまうことに繋がってしまうのです。

 

賃貸物件選びでは設定した家賃を上げるのは最終手段だと考えてください。
不動産屋で「少々賃料が高くなりますがオススメです」と紹介してくれる物件は断固拒否をする姿勢で探していきましょう。"





霊視とはについてのサイト
霊視とは
URL:http://spiritual-eye.com/meaning/


■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?ブログ:18年06月17日

私自身の経験からもそうなのですが、
減量って根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
日々限界までヨガして、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんて減量ってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でも私は、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「減量」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんて減量ではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、体質を壊すだけです。

体質を壊す減量なんて、私はしたくもありません!

例えば、夜中に食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
2週間以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「夜中食べちゃったから減量できない」
ことはないのです。

事実、私の夕食時間は、
ほとんど夕方10時〜正午です。
こんな生活でも6ヶ月で3KG落とせました。

世の中の減量法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったら減量は失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、減量はできます!

だから
「これをやっているから、私には減量は無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!