■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金

"現在ではインターネットの普及によって、わざわざ不動産屋まで出向くことなく自宅で賃貸物件探しをすることが出来ます。
実際に不動産屋で相談をしながら物件探しをするのも一つの方法ですが、その前にインターネットのご利用をオススメします。入居者から2ヶ月分の礼金をもらったとしたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うのが一般的となっています。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。

 

礼金とは、戦後の焼け野原で居住するところの無い人達が「大家さん、貸してくれてありがとう」という、お礼の意味で始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。

 

礼金の一部は大家さんが不動産屋に支払う言わば紹介料に充てています。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。"



■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金ブログ:17年11月06日

シェイプアップのために
トレーニングする場合に注意したいのは、
「オーバートレーニング」と呼ばれる症状です。

オーバートレーニングというのは
トレーニングのやり過ぎによる疲労のことで、
この症状は比較的、誰にでも出やすいんですよね。

オーバートレーニングになると…
身体がだるい、身体が重い、寝つきが悪い、
眠気がとれない、イライラする…など、
日常生活に影響してしまいます。

シェイプアップに関しては
オーバートレーニングになってしまうと、
疲労から免疫機能の低下、消化不良などから
体脂肪が落ちにくい状態になってしまいます。

早く痩せたいからと、
休養を考えずにトレーニングを続けると、
逆効果になってしまうのです。

シェイプアップを効率よく行うためにも
トレーニングと休養のバランスを考えて行うようにすることが、
とても重要なポイントとなるわけです。

オーバートレーニングになってしまった場合は、
身体を休ませる必要があります。

基本的に
7日間程度運動を行わなければ身体は完全に回復するので、
オーバートレーニングになってしまったら
7日間はトレーニングを行わないようにしましょう!

トレーニングと休養のバランスを考慮するなら、
日々トレーニングを行うのは効率的ではありません。

7日間に3〜4回、
一日おきのペースで行うのが
効率がよいトレーニングのペースとなります。

一日おきのペースであっても、
疲労感がある場合は、無理をせず休養することが大切です。
疲労を溜めないのは、シェイプアップ中の基本です!

また、
トレーニングに慣れていない人がトレーニングを始めた場合、
翌日筋肉痛になる場合が多いですよね。

筋肉痛は筋肉が使われて疲労しているという身体のメッセージ。
なので、筋肉痛が抜けてからトレーニングを行うようにしましょう。