■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?



■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?ブログ:17年10月26日


家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

ヒールの高い靴は、スニーカーなどに比べると
からだに掛かる負担が意外に大きくなります。
ヒールの高い靴で歩き回ると、足が痛くなったり、
いつもより疲れてしまいませんか?

このため、ヒールの高い靴を履くと運動になって、
足が細くなると思っている方も少なくないようですね。

ですが、それは大きな間違いなんですよ!
ヒールの高い靴を履くと、
どうしてもからだの余計な所に力が入ってしまいます。
そうすると、姿勢も悪くなります。

それによって、
必然とからだの歪みを生みだす可能性を高めてしまいます。
からだに歪みがでてしまうと、
むくみ・代謝の低下などが起こり、足が太くなってしまうんです。

なので、できる限り、
安定感のある靴を履く事が足やせの第一歩なのです。

もちろん、ヒールの高さだけでなく、
足幅や爪先のつまり具合なども最適な大きさである事が大切です。
シューフィッターに相談すると、チョットお金はかかりますが、
最適な靴が手に入りますよ。

考え方によっては、その方が安くつくかもしれませんね。
安くて合わない靴を履き、足が太くなって、
足やせグッズにお金を出すなら、本末転倒ですもんね。

仕事などでどうしてもヒールを履かないといけないという人は、
長時間にならないように注意しましょう。
中敷きなどを活用するのも良いですよ!

また、どんなに疲れていても、
その日の疲れはあしたに持ち越さないで、その日のうちに取りましょう。
お風呂にゆっくりと浸かり、
足をマッサージする習慣をつけるとかなり変化があるはずですよ。

どんとはれ
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?

■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス