■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金


■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
"現在ではインターネットの普及によって、わざわざ不動産屋まで出向くことなく自宅で賃貸物件探しをすることが出来ます。
実際に不動産屋で相談をしながら物件探しをするのも一つの方法ですが、その前にインターネットのご利用をオススメします。入居者から2ヶ月分の礼金をもらったとしたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うのが一般的となっています。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。

礼金とは、戦後の焼け野原で居住するところの無い人達が「大家さん、貸してくれてありがとう」という、お礼の意味で始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。

礼金の一部は大家さんが不動産屋に支払う言わば紹介料に充てています。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。"



■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金ブログ:18年02月15日

お母さんが娘に対する
過保護や過干渉をなくすためには、
娘を3人以上産むことが望ましい。

お母さんが娘を3人以上産めば、
お母さんの方が育児に対して肩の力が抜け落ちて、
娘に必要な保護や干渉しかしなくなる。

娘が1人や2人では、
どうしてもお母さんは娘に過保護や過干渉を繰り返すので、
娘の方が悲惨な目に遭ってしまう。

通常、お母さんは最初の赤ちゃんを産んで
3年以内に次の赤ちゃんを欲しくなり出す…

育児を楽しんでいれば、
「もう一人赤ちゃんが欲しい!」というのは
お母さんとして健康的な反応である。

それなのにそう思わないとなれば、
お母さんの心が歪んでおり、
お母さんとしてきちんと成長していないのである。

また、
娘が2人いるのと、娘が3人いるのとでは、
天と地ほどに違う。

3人目の娘になると、
お母さんは3回も妊娠し出産したので、
妊娠や出産をきちんとできるようになり、
しかも生まれてきた赤ちゃんにも、
もう失敗することなく的確に育てることができるようになる。

しかも娘を3人以上産むと、
旦那が育児を手伝うようになり、
そのことが奥さんにとって感動をもたらすことになる。

娘が2人までなら、
奥さんが育児の全てを行うのは当然であって、
娘が3人以上できたなら、
もう妻の手では処理しきれないから、
旦那は育児に手を出し始める。

この現象が起きると、
夫婦の絆はより一層大きくなり強くなるのだ。

現実問題として、娘が3人もいれば、
お母さんは娘に対して、
過保護や過干渉を行うことなどできない。

娘ができることに関しては
娘に任してしまい、
娘に処理させるしかなくなるのだ。
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金

■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス