■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある



■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要があるブログ:18年05月25日


シェイプアップをして体重を落としたとしても、
からだのエネルギー代謝が悪いままだと、
また以前と同じ体型に戻ってしまうということも…

エネルギー代謝を高める方法の一つに、
からだを温める働きを持つ食材を
積極的に食べるという方法があります。

食材には、
からだを冷やす食材とからだを温める食材があります。

例えば…
冬に豚汁を飲むとからだが温まりますよね。
温かいものを食べたということもありますが、
北の方で取れる食材や、冬に取れる食材は
からだを温める働きのあるものが多いんです。

北の方は寒いので、
からだが温まるものを取り入れるということは
自然な成り行きです。

反対に、夏の暑い時期や南国では、
暑いからだを冷やすために、
冷たい食べ物を多く食べるということになりますので、
食材もそうしたものが多いのです。

まとめてみると…
・北の方や寒い季節に取れるものにはからだを温める食材が多い
・南の方や暑い季節に取れるものにはからだを冷やす食材が多い
…ということになります。

次に見た目ですが、
見た目が温かそうなものがからだを温める傾向があり、
冷たそうな色に見えるものはからだを冷やす傾向があります。

白砂糖や大根、白菜、なしのように白い食材は
からだを冷やすものが多いですが、
にんじんやかぼちゃのように温かい色は、からだを温めることが多いです。

こうした見分け方はあくまでも一例ですので、
全ての食材に当てはまるとは限りません。
にんにくは夏にできて色も白いですが、からだを温める食材ですし、
にんじんやカボチャは夏にできますが、からだを温めますよ。




■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス