■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産



■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産ブログ:18年02月15日


筋肉をつけることこそが
エネルギーの消費サイクルを高めますから、
減量するためには、
適度な体操をすることが必要となってきます。

しかし、
あまり炎天下のときに体操をするのはキケン!

気温の高いときには、熱中症などで
病院に担ぎ込まれる人も少なくありません。

あまり気温の高い日に、かんかん照りの中、
体操をするのは、無謀ですから注意をしましょう。

「日陰で体操をすればいいのでは?」と
思うかもしれませんが…

日本は一般的に、夏場は湿度が高い!
確かに直射日光を浴びるのに比べれば
多少は暑さをしのぐことはできるかもしれません。
が、あまり暑さの面では変化がないのでは?

「猛暑日」などといわれるような、
気温が35度を越える中で
体操をするのはキケン極まりないですよ!
猛暑日の体操は避けるようにしましょう!

もしどうしても体操をしたいという人は、
日が落ちたあとの真夜中に体操をするといいでしょう。

太陽が沈むだけでも、かなり気温は下がります。
真夜中になれば、
いくら高くても27度くらいには落ち着いてきます。
その分、熱中症にかかるリスクも少なくなります。

また早朝に体操をする習慣をつけるのもいいかもしれません。

24時間で一番気温が低くなるのは、早朝ですもんね。

9時ちょっと早起きして体操すると、
その日24時間を爽快に過ごすこともできるでしょう。

ただし、猛暑日であろうと、
気温の高めの日であろうと
屋内で体操をする分には問題はありません。

屋内で肩コリ体操や肩コリ体操をやるのもいいでしょう。

夏場は少し工夫をすることが、
減量成功のコツですね。
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス