■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産



■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産ブログ:14年12月11日


減量を心がける人たちが、
やせるだろうと思って口にしてしまうのが菓子パンです。

軽くて量も少ないので、食べた後お腹が出っ張りにくい。
そのため減量をしようとする人は、
菓子パンを主食にしてしまいがち…

しかし、
菓子パンには減量に不向きな点がいくつもあります。

まず菓子パンは、小さいながらも高カロリー。
その上、ビタミンやミネラルがほとんど含まれていないのが特徴です。
しかも、菓子パンだけでは味がないため、
ほとんどの場合、バターやマーガリンなどを使って味付けしますよね。

ただでさえ高カロリーな菓子パンに、
油分のかたまりであるバターやマーガリンを使うのは、
さらに高カロリーにしてしまうだけです。

さあ、ここまではまだいいとして、問題なのは次です。
菓子パンの特徴は、少量で満腹を感じやすいことです。

なぜ少量で満腹感を得られやすいのかというと、
消化・吸収の早い「小麦粉」を使っているからです。
小麦をひいて粉の状態なので、そもそも消化が非常に早い。

しかし、これはいいようで、実はよくないのです。

食べて間もなくすれば血糖値が急上昇します。
すぐに満腹感を得られますが、消化・吸収がよくて急激に上がった血糖値は、
すい臓から血糖値を下げるインスリンを分泌され、
その後は急激に下がります。

そのため、菓子パンを食べてすぐに満腹感を得られても、
またすぐに空腹を感じやすくなります。

その結果「食べる量が多くなる」のです。

さっき菓子パンを食べたばかりなのに、
しばらくたてば不思議とまたお腹が空くのはそのためです。

ですから、菓子パンを主食にしている人は、
すぐにお腹が空きやすくなり、
我慢をする時間が長くなるわけです。
だから、減量に挫折しやすいのです。


■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス