■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産



■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産ブログ:17年08月10日


我が家は、今荒れております。
…と言っても、俺と嫁の関係ではなく、
家の中が荒れ放題になっているのです。

少し前に俺が体調を崩して、
回復するのに少し長引いていました。

その間、嫁は家のことを後回しにしてまで、
俺の面倒を精一杯見てくれていました。

まるで娘のように面倒を見てもらっていた俺は、
たくさんの「ごめんなさい」と「ありがとう」と共に、
回復に至りました。

俺の回復と入れ替わるように、
今度は嫁の調子が悪くなってきました。

嫁はアレルギーを持っていて、症状が手に出るんです。
ものすごくひどい手荒れのような状態になり、
出血したり、痛みがあったりするようです。

両手がそんな状態になってしまったので、
手を使って何かをすることができないんですね。

それまで嫁がやってくれていた、
我が家の家事のほとんどがストップするとともに、
部屋は散らかり、洗濯物は溜まり、
食べる事は栄養バランスを欠いたものとなってしまいました。

俺は仕事の合間を見てちょっとずつ家事をするのですが、
もちろん到底追いつきません。

そんなこんなで、恥ずかしながら、
現在の我が家は荒れ放題になっているのです。

そんな惨状の中、嫁は事あるごとに言います。

「ごめんね。何もできなくて…」

嫁としては、
「自分は何もしていない」
「旦那の役に立ちたいのに立てない」というのが、
とても心苦しい様子です。

俺としては、
「俺のためにあれをしてあげたい、こんなものを食べさせてあげたい」
と思ってくれるその気持ちが何よりうれしくて、
何もしていないことは問題ではありません。

■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス