■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産


■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
"今から賃貸物件を探そうと考えている人はまず最初に貴方が住もうとしているエリアの不動産屋を回ってみましょう。
インターネットや雑誌などで情報公開をしていないような素敵な賃貸物件に巡り合うこともあります。一度入ると帰りづらい雰囲気にされてしまうのが大手不動産屋のデメリットとなります。
また数多くの物件を抱えすぎているために、一つ一つの物件詳細を把握していないこともあります。

大手不動産屋は紹介することの出来る物件の数が多くなっているのが最大の特徴となります。
確かに数多くの物件から選ぶことが出来るのですが、審査が比較的厳しかったり、また強引とも言える営業をしてくることもあるので注意しましょう。

大手不動産屋は比較的店内も明るく、知名度がありその安心感から入りやすいのも特徴の一つとなります。
全く異なる不動産屋と共同して物件を抱えていたり、また直接大家さんから紹介を依頼された物件の両方を取り扱っているのです。"



■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産ブログ:18年04月25日

「節約」が当たり前のように浸透している今日。
職場では弁当持参は当たり前。
独身男性でも手製の弁当を持参する姿も多いとか…

最近は、専業主婦でも「家弁」が流行っているという。
朝方の残りや、子ども達のお弁当の残りで自分の弁当も作り、
12時時に自宅で食べる…

我が家でも、
僕が弁当を作る機会が増えている。
子ども達のスポーツクラブのせいだ。

子ども達のクラブでは、
母親のほとんどが仕事をしているので、
「臨機応変!楽できる時は楽しよう」がモットー。

公式戦の大会では
事前に弁当の注文を取り、業者に発注する。

しかし、
我が家の子ども達が入っているクラブは公式戦ではなく、
それ以外の交流戦も多いのだ。

交流戦の時は弁当持参が基本なので、
気づくと僕は年中弁当を作っている…

それも子ども2人分に、
最近何を血迷ったかコーチになってしまった旦那の分と僕の分。
毎回合わせて4個!

僕は弁当作りが苦手部門の1つ。
もともと細かい仕事が苦手なので、
色とりどりの美味しそうな弁当を作るという、
繊細なお仕事は、およそ僕の性格に合っていないのだ。

しかし、苦手などと言っていられないのも事実。
作らないで買って持参する人も中にはいるが…

我が家の場合、
500円の弁当だとして、×4人前で2000円。
交流戦が二日も続くとそれだけで4000円の出費。
…これは大きな出費!!
なんとしても避けなければ!

前、
「4人分の弁当作りがみっかも続く!」といもうとに愚痴ったところ、
「でもお姉ちゃんの場合、きっと根性で作るよね?」
さすがいもうと!僕の性格を読んでいる。

■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス