■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産


■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
"今から賃貸物件を探そうと考えている人はまず最初に貴方が住もうとしているエリアの不動産屋を回ってみましょう。
インターネットや雑誌などで情報公開をしていないような素敵な賃貸物件に巡り合うこともあります。一度入ると帰りづらい雰囲気にされてしまうのが大手不動産屋のデメリットとなります。
また数多くの物件を抱えすぎているために、一つ一つの物件詳細を把握していないこともあります。

大手不動産屋は紹介することの出来る物件の数が多くなっているのが最大の特徴となります。
確かに数多くの物件から選ぶことが出来るのですが、審査が比較的厳しかったり、また強引とも言える営業をしてくることもあるので注意しましょう。

大手不動産屋は比較的店内も明るく、知名度がありその安心感から入りやすいのも特徴の一つとなります。
全く異なる不動産屋と共同して物件を抱えていたり、また直接大家さんから紹介を依頼された物件の両方を取り扱っているのです。"



■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産ブログ:17年09月19日

母の身体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型を母体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
子どもがいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分の母か主人の母に
子どもを預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分の母や主人の母がいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでも母の都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などには子どもを預けない。

保育園に子どもを預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
母の方も未練たらたらで子どもを預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

子どもは3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、子どもたちに目を届かせなばならないのだ。

■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス