■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も



■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例もブログ:16年06月14日


(*´Д`人)コン(人´Д`*)バン(*´Д`*)ゞh♪

突然ですが、
読者様は幼稚園に行くのが好きでしたか?

わたしは、きっとイヤだったと思います。
きっと…というのは、イヤだったかどうか、
はっきりとは覚えてないんですよね。

ただ、その当時、
おしっこに行く間隔がすごく早かったのは覚えています。

トイレに行って戻ってきたら、ムズムズしてまたトイレ!
…というのを繰りかえしていました。

心配したお母さんが、
病院に連れていってくれましたが原因不明でした。

いま思えば、
幼稚園に行くことへのストレスだったんじゃないかなぁ~
と思うわけです。

どうして、こんなことを思うかというと、
わたしの息子が、幼稚園に行きたがらないからです。

初日は、機嫌よく行きましたが、
翌日から夜鳴きがはじまりました。

そして、6時になると…
「幼稚園イヤ。お留守番しとく」
と、頑なに幼稚園に行くことを拒みはじめました。

これには、困りました。
親側としては、幼稚園の始業の時間も迫ってきます。
それまでには、着替えさせたり、ごはんを食べさせなければなりません。

いくら余裕をもって起きたとしても、
息子が幼稚園に行くことを察すると、
どこかに逃げていくのです。

それからは、
「我が子VSわたし&妻」の心理合戦が始まります。

幼稚園に強く行くように強要してみたり、
帰ってきたら大好きなおやつを買ってあげるよ!とか、
もしくは「じゃ、1人でお留守番しときね」と部屋を暗くしてみたり…

おやつやジュースをあげるからなどと言って、
幼稚園に行くようなことはありません。

ましてや「幼稚園に行きなさい!」と言ったところで、
「イヤだ!!」と泣き叫ばれるばかり…

う~ん…なかなかのツワモノです!

・・・と、書いてみるテスト
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も

■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス