■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も



■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例もブログ:15年12月07日


昨日のこと…
今まで聞いた事の無い着信音で
携帯電話が鳴りました

今使っている携帯電話も二年位過ぎたので、
ついに故障してしまったのかな?と思いながら
その携帯電話を覗いてみると…

あたしの想像もしていなかった人からの着信で
その携帯電話は鳴り続けているではありませんか!

「なんでこの番号から電話がかかってるの?」
と思いながら、おっかなびっくり受話ボタンを押してみました。

すると…
携帯電話の画面にメッセージが現れてきました。
テレビ電話接続中…

ドキドキしながら、携帯電話の画面を凝視していますと、
現れた人物は、実家にいる母でした。
後ろには親父も写っていました。

その時あたしは驚き、驚愕の声を上げ、
携帯電話に向かって、思わず手を振っていたのです。

あたしの母も親父も
聾唖者で全く耳が聞こえません。

だから小さな頃から、
「父母と電話で会話をする事は一生ありえない」
と思っていたんですよね。

近年、母が携帯電話を持ち始め
メールのやり取りはしていました。

あたしにとって、
母が持っている携帯電話は
メールのやり取りツールとしか思っていなかったのです。

あたし自身、携帯電話は、
電話で会話したりメールをするためのツールとしか利用していなかったのですが、
母は違いました。

テレビ電話機能がこの携帯電話にある事を知った母は、
一生懸命取扱説明書を見たり、
携帯電話に詳しい人に色々とテレビ電話の使い方について聞いて、
母自身も試行錯誤しながら…

こうやって女の子であるあたしに電話をかけてくれたんだな…と思うと
胸が熱くなり、じーんとしながら
父母と手話での会話を楽しみました。

■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も

■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス