■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も



■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例もブログ:14年12月05日


1週間ほど前、友達と一緒に
東京ディズニーランドに行ってきました。

これまでも
僕は何度かディズニーランドに行ったことがあったものの、
二日間どっぷり遊ぶのはこれが初めて!

最高に楽しい二日間!になるはずだったのですが…
1日目が終ったところで、
僕はどうも楽しんでいない自分に気がつきました。

例えば…
お掃除のおじさんがつまらなさそうに
だらだらお掃除しているのを見つけて…

ディズニーランドといえば、お掃除の人は、
ゴミが落ちていたら瞬時にやってきて
楽しそうに片付けていくという伝説があるけど、
実際はそうじゃないんだ~と軽く失望してみたり…

パレードが始まる前に
交通整理をしているお姉さんの注意の仕方が
事務的だなぁ~と思ってみたり…

僕はあら探しばかりしていたのでした。

あれだけ行き届いているディズニーランドで
これくらい悪いところが見つけられるのですから、
僕ってなんてネガティブな人間なんでしょう…

考えてみると、
僕がやっていたあら探しというのは、
楽しみ過ぎないためのブレーキのような
役割をしていたのかもしれません。

「仕事が忙しいのに、遊んでばかりいていいのかな」
「主人を家においてきて、僕だけ楽しんでいいのかな」
と楽しみ過ぎないようにするための理由はたくさんありました。

だから、
僕はどこかであら探しをして
楽しみ過ぎないようにしていたんじゃないかな…
という気がしました。

それに気づいたおかげで、
二日目のディズニーシーでは、
「ここがいいなぁ」「これもおもしろいなぁ」と
いいところに目を向けることができるようになり、
僕も友達も十分楽しんで帰ることができました。

■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も

■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス