■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴



■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴ブログ:14年10月05日


サウナで大量に汗をかけば、
何となく減量に成功した気がしてきますよね。

しかし、サウナで発汗して
減量したように見えても、水分補給をすれば、
簡単に元に戻ってしまいます。

水分を補給しなければ元には戻りませんが、
脱水症状を起こしてしまうので、絶対に水分を補給してくださいね。

脱水症状を起こすと、血液の流れが停滞し、
血栓ができやすくなってしまうので大変危険です。

また、標準体重よりも二割くらいオーバーウェイトな人は、
温度の高いサウナに入ると、体に負担がかかりすぎます。
低温、もしくは、中温のサウナに入るようにしましょう!

高温のサウナに入った方が
汗をかいて痩せるというものでもありません。
減量のために…と、
無理に高温のサウナに入る必要はないのです。

サウナを活用した減量法としては、
サウナで代謝を高める方法がいいでしょう。

まず、十分くらいサウナに入って体を温め、
その後に、水浴びなどで体を冷やします。
十分くらい休憩して体を冷やしたら、
またサウナに十分くらい入って、
体を温める…というのを何回か繰り返すのです。

その際、水分は充分に補給しましょう。
体に負担がかからないように気をつけてください。

一度やれば、
すぐに減量効果が出るというものではありません。
定期的に行うことが重要です。

もちろん、サウナに入った後にビールを飲んだら台無しですし、
スポーツドリンクも結構カロリーが高いので、
なるべく水かノンカロリーのお茶を飲みましょう。

入浴後には、湯冷めしないようにしっかりと汗を拭き、
体を温かくして、風邪をひかないように気をつけることも大切ですよ。

――――――以上で今日の報告を終わります。
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴

■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス