■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック



■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェックブログ:16年11月14日


ダイエット中は摂取カロリーを抑えているので、
腹がすきやすい状態なんですよね。

それに間食してはいけないという思いから、
余計に腹がすいて、間食をしたくなってしまいがち…

やはりダイエット中は、
できる限りおやつ類は我慢したほうが良いのですが、
あまり我慢しすぎるのもストレスがたまって、
ダイエットが長続きしません。

なので、ダイエット中でも
少しくらいなら間食を許す余裕があっても良いと思うんです。

とは言え、高カロリーなケーキを食べては、
せっかく頑張っているダイエットが台無しになってしまうので、
低カロリーで腹持ちのいいおやつを選びましょう。

糖分と脂肪を一緒にとると脂肪が蓄積されやすいので、
脂肪分が多い洋菓子より、低脂肪な和菓子が良いみたいです。

ミーは、腹がすいた時、
飴を舐めるようにしています。

飴は血糖値を早く上昇してくれるので、空腹感が早くおさまり、
低カロリーのものを選べば摂取カロリーも抑えられますし、
手軽に食べられるのがいいですね。

ただ、飴を噛んで早く食べてしまったり、
たくさん食べしまってはいけません。
飴にもカロリーはそれなりにあるので気をつけましょう。

ミーの相方は、腹がすいたら、
ガムを噛んでいます。

噛むことで中枢神経を刺激し、空腹感を紛らわすことができるようです。
あごのたるみも解消してくれるみたいですよ!

また、小魚の干物なんかも、
硬いのでよく噛め、そんなに大量には食べられないし、
低カロリーなのでお勧め!

しかも、カルシウムやDHAも摂取できるんですから、
健康的なダイエットをしっかりサポートしてくれますよ!
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック

■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス