■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック



■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェックブログ:17年10月05日


こんばんわっすー。

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した子どもたちが
「Trick or treat?(おやつをくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のおやつメーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したおやつではなく、
おやつという括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ケーキはもちろんのこと、
お煎餅や大福までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りや運動会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

子どもたちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
カナダではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もおやつもその言葉だけで
子どもたちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

応援クリックしてね・・・プチ
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック

■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス