■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック


■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
"あなたがこれから住もうとしているエリアにもきっと賃貸物件が存在しているハズです。
つまりそれだけ数多くの物件から選ぶことが出来るのが賃貸であり、分譲よりも選択肢が多くなっているのです。最近では方位磁石すら置いていない不動産屋も残念ながら存在しています。
一度登録されてしまった情報はあまり修正しませんので方角は自分自身で確かめるようにしましょう。

不動産屋が提示してくれる方角表示をそのまま信じるのは危険と言えます。
地図上の確認で適当に方角を記載したり、また方角測定が間違っている可能性も考えられるからです。

方角表示は新人の営業マンが担当する事が多くなっており、現地で方角を確認するのを忘れてしまうことがあります。
店舗に戻ってきてから方角を記載してしまっていることもありますので、注意が必要です。"



■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェックブログ:18年02月23日

減量を成功させるためには
絶対に「痩せられる」と心から信じる…
強い信念が必要です。

強い信念を持っていると、
ちょっとした我慢や冷静な対応ができ、
前向きな行動がとれるようになります。

何度も減量に失敗して、
「あたしなんて痩せられるわけがない」などと思っていると
簡単に挫折してしまいます。

自分に都合のいい言い訳をして、
お腹いっぱい食べてしまったり、
今までの習慣を改めることもなく
おかしを食べ続けたりしてしまいます。

要するに、
気持ちの持ち方次第で
減量が成功すると言っても
過言ではないのです。

気持ちを強く持っていれば
食事の食べ方を工夫したり、
正しい判断で選択できるようになります。

「忙しいから」とか
「ストレスが溜まったから」と
自分に言い訳していては、減量に成功することはできません。

どのような環境の中でも、
強い信念を持って減量に望めば、
誰でも痩せることが可能なんです。

一人暮らしや年配の方によくあるケースが、
残った物がもったいないからといって、
お腹いっぱいにも関わらず、食べてしまうことです。

食べ物が足りなかった時代には、
そのような考え方が美徳でしたが、今は違います。
残す勇気が必要なんです。

余分に食べてしまえば、からだは脂肪として蓄積します。
減量とは反対に反応するわけです。

残った物は食べるあしたとか、工夫して違う料理で食べることです。
そして、食事を作る時は、
「少なめに作る」ことが大切です。

基本的には、
もう少し食べたいと感じる量、腹八分目を守りましょう。

今日はおしまい!!!
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック

■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス