■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋



■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋ブログ:15年04月09日


一週間位前、
わしはリビングでボケーっとしていました。
平穏だけど、退屈なわけでもない…
そんな瞬間を味わっていたというか…

すると…
ふっと古い記憶が
よみがえってくるような感覚を感じました。

わしの心の中に見えたもの…
それは、父親の腕に抱かれている、
まだ寝返りもできないぐらいの赤ちゃんの自分でした。

満たされて、何の不満もないわし。
穏やかな優しい目でみつめてくれる父親。

あれ~、これって何だろう~?
本当に私の記憶なのかなあ~?って、思いましたが、
人はすべての記憶を脳に刻んでいるっていわれてますよね。

ただ、思い出せなくなる記憶がたくさんあるのだと…
ということは、
これって本当の記憶なのかもしれません。

赤ちゃんの自分を思い出したのと同時に、
あぁ、わしは父親のことが
大好きだったんだなぁ…と改めて思いました。

そして、父親ももちろん、
わしのことがかわいくてしかたなかったんだなぁ~
と思えました。

とても、温かい感覚でした。

誰でも赤ちゃんの頃、誰かに抱っこされて、
ただただ愛おしい…という目で
見つめられたことがあったはずですよね。

それが父親やお母さんではなくても、
そこにいるのは「愛されている赤ちゃん」だと思います。

わしたちはみんな、
もともと愛されているんですよね。

でも
「自分は愛されていない」
という誤解をしてしまうことがあります。

誤解は誤解を生んでしまい、
誤解の海の中で身動きが取れなくなる。
わし自身がそんな感じでした。

誤解は人生をややこしく、
難しくするのだということを、
わしは経験から学びました
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋

■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス