■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える



■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝えるブログ:17年09月12日


1週間くらい前、夫の実家に帰省しました。

結婚前に挨拶に行ったことはあったのですが、
結婚してからは初めてのことになります。

と言っても、
嫁の立場であることを
あたくしはすっかり忘れていました。

もちろん、
あたくし自身人見知りなこともあり、緊張感はあるんですよ。
でも、どういうわけか、
ものすごく居心地が良いんですよね。

なんと言っても、
夫の母親の作るご飯が、
とっても美味しいんです!

すっかり実家に帰った、
実の息子のような気分でご馳走になってました。

あまりに美味しいので、
ご飯においては手伝う気持ちがないと言っても
過言ではありません。

あたくしが手伝う余地はないくらいに、
すばやく美味しいものを作っていきます。
もちろん、後片付けはやりますよ。

東北の方ってよく働きますね。特に女性が!
年齢を超えて、あたくしよりもはるかにフットワークが軽い!

8時から夜まで働いて
これだけの料理を出せるって、本当に尊敬しちゃいます。
それでいて、微塵の疲れも見せないんですよね。

あまりに働かない嫁に呆れるかと思いきや、
ムスコと嫁という感じのわけ隔てなく、
接してくれる感じがします。

夫の父親も、恥ずかしがりやな男性らしく、
さりげなく優しさを出してくれるんですよね~

不思議だったのが、
親戚や近所でとても密な関係が出来ていること。

夫の息子の頃の写真を見たり、話を聞いていると、
普通に近所の方と
頻繁に、ご飯会ならぬ宴会?が
開かれていたりするんですよね。

そんな土地柄を表しているのか、
どんな所で会う人もみなさん目が温かい!
おじいちゃんおばあちゃんに見られている様な温かい眼差しです!

あたくしはほっこりしちゃいます。

■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス