■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える



■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝えるブログ:15年04月11日


僕のお父さんは、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、僕にはそのように感じていました。

僕は、
お父さんのようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、僕が、
お父さんにようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんな僕を試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんな僕でもいい?」というかのように、
お父さんの前で何度も、
そんな情けない僕を見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

お父さんは、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
僕自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
お父さんに認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
お父さんに見せたりしてたような気もします。

そして、
お父さんが怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんな僕じゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
僕は何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
両親と息子の関係だけでなく
夫と妻の関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。

■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス