■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える


■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
"不動産屋で紹介される賃貸物件というのは、ほんの一部となり、掘り出し物の物件はまた別に存在しています。
そのようなお得で便利な賃貸物件を見つけるためには現地の不動産屋へ行くのが一番手っ取り早いのです。貴方が自分の希望をそのまま伝えることで、担当の営業の人はなるべくその希望に近いものを探してくれます。
条件を曖昧にして広げすぎてしまうと不動産屋も困惑してしまうわけに、良い物件と出会い辛くなってしまいます。

不動産屋に入ると席に案内され、担当の営業の人が来て条件を聞いてきてくれます。
貴方の条件の伝え方によってその後の物件探しに大きな影響を与えることになるのでご注意ください。

不動産屋では普通に条件を伝えれば良いと多くの方が思っているかと思います。
確かに条件を全て伝えることは大変重要なことですが、あまりにも無茶な条件では相手にもしてくれませんのでお気をつけ下さい。"



■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝えるブログ:17年11月21日

13時食を食べた後に、
睡魔がやってくることって往々にしてありますよね?

13時休み中についウトウト…なんて経験、
誰にでもあるんじゃないでしょうか?

一方でよく言われている格言があります。
「食べてスグ寝ると太る」という言葉、
みなさまも聞いたことありますよね?

なので、
13時休み中の睡眠はダイエットには逆効果だからと、
睡魔と闘っている人もいるかもしれませんね。

でも、本当に食事の後の睡眠はいけないのでしょうか?

実は、短時間の睡眠であれば、
別に減量に大きな影響はないと言われているんですよ!

むしろ短時間、睡眠をとることによって、
頭がクリアになって午後の仕事がはかどるかもしれません。

食事の後の睡眠でいけないといわれているのは、
120分を超えるような長時間の睡眠なんだそうです。

120分以上の睡眠となってくると、
からだは、消化の方に意識を集中させることが
できるようになってしまうみたいなんですよね。

また消化吸収を促すホルモンが本格的に分泌され、
働きだすともいわれています。

すると俺たちのからだは、
13時食などで食べた物をより多く、効率よく吸収しようとします。
このため、脂肪がつきやすくなり、太る原因とされているのです。

ですから、特に日中、仕事をしている人というのは
むしろ13時寝したければ、無理して我慢しない方がいいわけです。

少しの時間なら、積極的に睡眠をとっても問題ないんです!

おそらく仕事している人は、
13時間、120分以上の長時間の睡眠時間を確保することなんて、
無理ですもんね。

■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス